ニューファンドランドの画像

ニューファンドランド(英語:Newfoundland)


特徴・歴史

ニューファンドランドは別名、ニューフ、ニューフィー(Newfy)と呼ばれています。カナダが原産国で平均寿命8~10年ほどとなっています。
ニューファンドランドの体重はオス:60~70kg、メス:45~55kgで超大型犬に分類されておりグループ分けではワーキンググループに分類されています。 性格は穏やか、気が優しい、しつけやすい。あまり吠えないニューファンドランドですのでご近所さんに迷惑がかかりません。ただし、番犬には不向きです。

大きな体でふかふかのダブルコートの毛に覆われており、被毛は水をはじき乾きも早い。ニューファンドランドはもともと、カナダのニューファンドランド島で水中作業犬として漁師の手伝いをしていた犬種です。成長スピードはきわめて速く、ある程度の運動が必要で、特に泳ぐことを好む。寒さには非常に強い反面、暑さは苦手とする。遺伝的な股関節形成不全がしばしばみられ、鼓腸症・心臓病また、よだれを垂らす傾向が強いとも言われる。



英語
Newfoundland
別名
ニューフ、ニューフィー(Newfy)
原産国
カナダ
分類
ワーキンググループ
平均寿命
8~10年
サイズ
超大型犬
高さ
オス:69~74cm|メス:63~69cm
体重
オス:60~70kg|メス:45~55kg
ブラック、ブラウン、グレー、ブラック・アンド・ホワイト(ランドシーア)
小さく、くぼんでいる。瞳は濃い褐色
-
垂れ耳
-
垂れ尾
ダブルコート
性格
穏やか、気が優しい、しつけやすい
トリミング
あまり必要ない
抜け毛
割と少ない
吠えること
あまり吠えない


ニューファンドランド

ニューファンドランド (Newfoundland) ニューファンドランド島 - カナダ東部にある島。 ニューファンドランド・ラブラドール州 - ニューファンドランド島を含むカナダ東部の州。旧称ニューファンドランド州。 ニューファンドランド (ドミニオン) - ニューファンドランド・ラブラドール州の前身のイギリス自治領。 ニューファンドランド (犬) - ニューファンドランド島を原産地とする犬種。 ニューファンドランド (軽巡洋艦) - イギリス海軍の軽巡洋艦。

ニューファンドランド州

『ニューファンドランド・ラブラドール州』より : ニューファンドランド・ラブラドール州 英: Newfoundland and Labrador仏: Terre-Neuve-et-Labrador モットー: ラテン語:"Quaerite Primum Regnum Dei"(英語:Seek ye first the kingdom of God) ニューファンドランド・ラブラドール州の位置 ニューファンドランド・ラブラドール州(英: Newfoundland and Labrador [nʲuːfən(d)ˈlænd ænd 'læbrədɔr]、仏: Terre-Neuve-et-Labrador)は、カナダの州の一つ。

ニューファンドランド・ラブラドール州

ニューファンドランド・ラブラドール州 英: Newfoundland and Labrador仏: Terre-Neuve-et-Labrador モットー: ラテン語:"Quaerite Primum Regnum Dei"(英語:Seek ye first the kingdom of God) ニューファンドランド・ラブラドール州の位置 ニューファンドランド・ラブラドール州(英: Newfoundland and Labrador [nʲuːfən(d)ˈlænd ænd 'læbrədɔr]、仏: Terre-Neuve-et-Labrador)は、カナダの州の一つ。

ニューファンドランドシロオオカミ

ニューファンドランドシロオオカミ Canis lupus beothucus は、食肉目イヌ科に属するオオカミのうち、カナダ・ニューファンドランド島に生息していた個体群。すでに絶滅した。絶滅後に beothucus という名で新亜種として記載されたが、現在は北米北部に分布する Canis lupus nubilus (Say, 1823) に含めるのが一般的。亜種名の「beothucus」は当時すでに絶滅していた島の先住民ベオトク族(ベオスック族)への敬意を込めて命名されたものである。 主に山地に生息していた。体格は最大のもので全長200cm、体重70kgにも達した。体色は白で、雪の多いニューファンドランドで保護色として機能していたと考えられる。 1937年にハーバード大学の動物学者である Glover M. Allen と Thomas Barbour が他の地域のものとの形態的な違いから、島の個体群は亜種として区別されるべきだとして beothucus と命名記載した。

ニューファンドランド (犬)

ニューファンドランド (Newfoundland) はカナダ東岸のニューファンドランド島を原産地とする犬種。もとは作業犬、海難救助犬であった。現在では愛玩犬として飼われる事が多いが、カナダなどでは現在も水難救助犬としても使われている。ラブラドール・レトリーバーの先祖でもある。 利口で気が優しく、穏やかな超大型犬である。日本では「ニューファン」、英語では "Newfy" の愛称がある。体重は、オスが60-70 kg、メスは45-55 kg 、体高はオスが平均71 cm、メスは平均66 cm。がっしりとした体型で、耳は比較的小さめの垂れ耳。目も小さく、くぼんでいる。瞳は濃い褐色。表情が豊かで、愛嬌があると言われる。 泳ぎが得意なことでも知られており、足には水かき用の膜がある。ダブルコートの厚く長い被毛は滑らかで、油脂分を含み、よく水をはじく。四肢は飾り毛におおわれ、垂れた尾にも毛が豊かに生えている。 起源については西暦1000年にバイキングが連れてきた、グレートピレニーズが祖先でマスティフやフレンチ・ハウンドと交配し誕生した、など諸説がある。

ニューファンドランド (犬種)

『ニューファンドランド (犬)』より : ニューファンドランド (Newfoundland) はカナダ東岸のニューファンドランド島を原産地とする犬種。もとは作業犬、海難救助犬であった。現在では愛玩犬として飼われる事が多いが、カナダなどでは現在も水難救助犬としても使われている。ラブラドール・レトリーバーの先祖でもある。 利口で気が優しく、穏やかな超大型犬である。日本では「ニューファン」、英語では "Newfy" の愛称がある。体重は、オスが60-70 kg、メスは45-55 kg 、体高はオスが平均71 cm、メスは平均66 cm。がっしりとした体型で、耳は比較的小さめの垂れ耳。目も小さく、くぼんでいる。瞳は濃い褐色。表情が豊かで、愛嬌があると言われる。 泳ぎが得意なことでも知られており、足には水かき用の膜がある。ダブルコートの厚く長い被毛は滑らかで、油脂分を含み、よく水をはじく。四肢は飾り毛におおわれ、垂れた尾にも毛が豊かに生えている。 起源については西暦1000年にバイキングが連れてきた、グレートピレニーズが祖先でマスティフやフレンチ・ハウンドと交配し誕生した、など諸説がある。

ニューファンドランド・ラブラドール州の旗

ニューファンドランド・ラブラドール州の旗は、1980年に制定された、ニューファンドランド・ラブラドール州の州旗。横と縦の比率は2:1。ニューファンドランド・ラブラドール州出身の芸術家クリストファー・プラットによってデザインされた。
青は海の色を表し、白は雪と氷を表す。赤はニューファンドランド人、ラブラドール人の努力と苦闘を表している。黄色の部分はニューファンドランド人、ラブラドール人の自信と未来を示している。
青色の三角形部分はユニオンジャックとの関係を示し、この州のイギリスへのつながりを示している。赤の二つの三角形はこの州の二つの地域(ニューファンドランド島とラブラドール地方)を示している。黄色の矢印は、作者によると、この州の明るい未来を指し示しているとのことである。垂直に吊された際、その矢は剣のかたちとして、過去に軍事業務に就いて犠牲となった人々をたたえるという意味もある。

ニューファンドランド島

ニューファンドランド島(ニューファンドランドとう、英語: Newfoundland、フランス語: Terre-Neuve)は、カナダの東海岸に位置する島。ニューファンドランド犬のふるさとでもある。また沖合いの海域(グランドバンク)は、世界屈指の好漁場として名高い。 ニューファンドランド島の人口は2001年現在で466,172人。周囲の島を含めると50万人を超える。ニューファンドランド・ラブラドール州の政治的・経済的な中心で、人口の最も多い部分でもある。州都セントジョンズはこの島の南東端、大西洋沿岸にある。1949年にイギリス植民地からカナダに加入して以来、この島のある州は「ニューファンドランド州」と呼ばれていたが、ラブラドール半島にある地域・ラブラドール地方が大きな面積を占めていたことから2001年に現在の「ニューファンドランド・ラブラドール州」に改称された。

ニューファンドランド (島)

『ニューファンドランド島』より : ニューファンドランド島は、カナダの島の1つ。ニューファンドランド・ラブラドール州の政治的・経済的な中心である。
州都セントジョンズ (カナダ) セントジョンズはこの島の南東端、大西洋沿岸にある。島の面積は、1 E11 m² 111,390平方キロメートル km²で、州の27.5%を占める。
ニューファンドランド (犬) ニューファンドランド犬のふるさとでもある。
カナダの島 にゆふあんとらんととう
大西洋の島 にゆふあんとらんととう
ニューファンドランド・ラブラドール州 にゆふあんとらんととう
af:Newfoundland
ca:Terranova
da:Newfoundland
Neufundland
Newfoundland
es:Terranova
et:Newfoundland
fi:Newfoundland
Terre-Neuve

ニューファンドランド標準時

ニューファンドランド標準時(ニューファンドランドひょうじゅんじ、Newfoundland Standard Time: 略称NST)は、協定世界時 (UTC) を3時間30分遅らせた、カナダのニューファンドランド島等の地域の標準時である。「-0330(NST)」のように表示する。 この時間帯はカナダのみで使用されている。法的には、ニューファンドランド・ラブラドール州全域がこの時間帯に属するが、実際にはニューファンドランド島とラブラドール地方南東部のブラック・ティックルより南の地域でのみ使用されている。ラブラドール地方のそれ以外の地域(カートライトより北及び西)では大西洋標準時が使用される。 この時間帯は、かつてニューファンドランド島が独立した植民地であった頃の名残である。1963年に州政府が他の大西洋諸州と同じ時間帯に移行する計画を立てた際、住民からの強い反対が有り断念した。 現在、ニューファンドランド・ラブラドール州は全域で夏時間を採用している。2007年に北米の他地域と同様、夏時間の延長を開始した。 カナダの大部分より最も早い独特な時間帯のため、ニューファンドランド島はしばしば注目を浴びることがある。

ニューファンドランド夏時間

ニューファンドランド夏時間(ニューファンドランドなつじかん、Newfoundland Daylight Time:略称NDT)は、ニューファンドランド標準時の夏時間のことである。
協定世界時(UTC)を2時間30分遅らせた標準時で、ニューファンドランド標準時より1時間進めた時間である。
4月の第1日曜日午前2時から10月の最終日曜日午前2時までの期間、適用される。
UTC-2:30
標準時
Newfoundland Daylight Time

このページのQRコード

メールを送る