1. 日本と世界の犬図鑑∪・ωわんライフすたいる
  2. イギリス原産
  3. キャバリア・キングチャールズ・スパニエル

キャバリア・キングチャールズ・スパニエルの画像

キャバリア・キングチャールズ・スパニエル(英語:Cavalier King Charles Spaniel )


特徴・歴史

キャバリア・キングチャールズ・スパニエルは別名、キャヴ、キャバァリアと呼ばれています。イギリスが原産国で平均寿命12~15年ほどとなっています。
キャバリア・キングチャールズ・スパニエルの体重は4.5~8.5kgで小型犬に分類されておりグループ分けではトイグループに分類されています。 性格は遊び好き、適応力が高い、恐れ知らず、忍耐強い、愛情深い、社交的。それほど吠えることがないので割と飼いやすいキャバリア・キングチャールズ・スパニエルです。

キャバリアでは、1歳ですでに33%がこの心臓疾患の病気を持ち、4歳以上では60%にもみられる。遺伝子疾患で、キャバリアは脊髄空洞症の発症率の高い犬種である。名称の「キャバリア」とは、騎士という意味である。騎士らしく雄々しい感じがすることから。「キャバリア」には騎士道精神の持ち主、特に女性への礼を尽くす男性という意味がある。また、「キングチャールズ」とは、イングランド王チャールズ1世・チャールズ2世がこの犬を溺愛したことに因む。wikipedia



英語
Cavalier King Charles Spaniel
別名
キャヴ、キャバァリア
原産国
イギリス
分類
トイグループ
平均寿命
12~15年
サイズ
小型犬
高さ
オス:29~33cm|メス:29~33cm
体重
4.5~8.5kg
ルビー色、ブラックアンドタン、ブレナム(白地に濃い栗色)耳は濃い栗色。
大きな目
黒色。小さめ
大きな垂れ耳
シザースバイト
-
ダブルコート
性格
遊び好き、適応力が高い、恐れ知らず、忍耐強い、愛情深い、社交的
トリミング
必要です
抜け毛
普通
吠えること
普通


キャバリア・キングチャールズ・スパニエル

キャバリア・キングチャールズ・スパニエル (Cavalier King Charles Spaniel) は、イギリス産の小型犬の一種。スパニエル種に分類される。日本では一般的にキャバリア、または端的にキャバと略されて呼ばれる。 名称の「キャバリア」とは、騎士という意味である。騎士らしく雄々しい感じがすることから。「キャバリア」には騎士道精神の持ち主、特に女性への礼を尽くす男性という意味がある。また、「キングチャールズ」とは、イングランド王チャールズ1世・チャールズ2世がこの犬を溺愛したことに因む。 長らくイギリス王室の愛玩犬として愛されてきたが、18世紀になるとトイ・スパニエル(キング・チャールズ・スパニエル)にかわって、ヨーロッパでは短吻種の犬が流行、その影響を受けパグなどを交配し出来た犬種が、現在のキング・チャールズ・スパニエルである。

このページのQRコード

メールを送る