チャウチャウの画像

チャウチャウ(英語:Chow Chow、Chowdren)


特徴・歴史

チャウチャウは別名、チャイニーズ・エディブル・ドッグ(英: Chinese Edible Dog)、ヘイ・シー・トゥー(英: Hei She-Tou)スムースコート種:シャン・ドッグ(スムースコーテッド・チャウ・チャウ)と呼ばれています。中国が原産国で平均寿命9~15年ほどとなっています。
チャウチャウの体重はオス: 25~32 kgkg、メス: 20~27kgで大型犬に分類されておりグループ分けではトイグループに分類されています。 性格はよそよそしい、忠実、静か、独立心が強い。よく吠えるのでペット可のマンションでは近隣の部屋まで鳴き声が響いて、迷惑をかけてしまいます。しっかりとした訓練と飼育が必要なチャウチャウです。

青黒く特徴的な舌は青舌。一般家庭だけでなく、かつては寺院の番犬としても飼育されていた。一般家庭では番犬として家や財産の見張りをしていただけでなく、初期にはそりを引いたり猟犬として使われる事もあった。しかし、最も多く使われていた使役は肉を取るための食用や、コートを作るために毛皮を取るための毛皮用家畜として飼育されることであった。食用にするに当たって太りやすくするため、後脚が棒状に改良された。それによりあまり走ることが出来なくなってしまい、そりを引く事と狩猟を行うことは難しいものとなった。食用として使役されるためのチャウチャウは特別に管理された柵の中で飼育され、肉は一切与えられず穀物系の配合飼料のみを与えられて肥育される。犬は特定の体重を超えるまで肥育させられ、屠殺業者に出荷される。肉の柔らかい若いうちに屠殺され、肉は食用に、骨は漢方に、毛皮はコートなどの衣類に使うためにそれぞれ売られる。wikipedia



チャウチャウの奥深い目と大きな頭、髪のたてがみで独特なチャウチャウは印象的な見た目の犬です。外見は、意地悪そうで不機嫌だと思わせるかもしれませんが、見た目とは裏腹にチャウチャウは攻撃的ではありません。
代わりに、チャウチャウはライオンの高貴さ、パンダの愛らしさ、テディベアの魅力、猫の恵みと独立心、犬の忠誠心を兼ね備えていると言われています。チャウチャウはまた、かつて中国の皇室の犬小屋で飼われていた。皇室にふさわしい威厳の念を持っています。
チャウチャウは抱きしめられたり抱っこされたりするのはあまり好きではありませんが、飼い主のおとなしく気配りのある家族になります。その忠誠心は他の飼い主の家族にも広がります。 人間の子供と育った場合、喜んでそれらを受け入れますが、チャウチャウは虐待に耐えるタイプの犬ではないので、犬を治療する方法を知っている年長の子供を持つ家に最適です。
チャウチャウが子犬のときに見知らぬ人との交流がたくさんある場合、平等に見知らぬ人にも忠誠心を持ちます。しかし、チャウチャウは非常に縄張り意識が高い品種で、見知らぬ人が近づいて来たときは明確な警告を与えます。
この品種の最も身体的特徴は、チャウチャウの青い舌かもしれません。中国の伝説によると、舌は、空が描かれているときにチャウチャウが絵具をなめ、その時、青い色合いになったとされています。 また、ほぼ真っ直ぐな後足が立っており、歩幅が狭い特徴的な歩行をします。動きはスピーディではないので、ジョギングに連れていくには最適ではありませんが、優れた持久力を持ち、良い散歩仲間になることができます。
チャウチャウのユニークな外観と自己の人格・尊厳を受けいられるなら、忠実な仲間を持つことになります。
英語
Chow Chow、Chowdren
別名
チャイニーズ・エディブル・ドッグ(英: Chinese Edible Dog)、ヘイ・シー・トゥー(英: Hei She-Tou)スムースコート種:シャン・ドッグ(スムースコーテッド・チャウ・チャウ)
原産国
中国
分類
トイグループ
平均寿命
9~15年
サイズ
大型犬
高さ
オス: 48~56cm|メス: 46~51cm
体重
オス: 25~32 kgkg|メス: 20~27kg
黒、青、レッド、フォーン、クリーム
-
-
立ち耳、半垂れ耳
-
真っ直ぐで背中に背負って、ふさふさ
もこもことした厚い毛
性格
よそよそしい、忠実、静か、独立心が強い
トリミング
必要
抜け毛
多い
吠えること
よく吠える


チャウチャウ

チャウ・チャウ(英: Chow Chow, Chowdren、中:鬆獅犬, 獢獢)は、中国華北原産の犬種である。チャイニーズ・エディブル・ドッグ(英: Chinese Edible Dog)、ヘイ・シー・トゥー(英: Hei She-Tou)などとも呼ばれ、特にスムースコート種はシャン・ドッグ(スムースコーテッド・チャウ・チャウ)とも呼ばれている。 紀元前から中国にいた地犬で、生い立ちには3つの説が存在する。一つ目の説は現在最もよく知られている。サモエドとチベタン・マスチフの交雑種に由来するという説である。この説はチャウチャウの出生の仮説としては最も有名な説ではあるが、この説で交配に使われたとされているサモエドは元々ロシアの北地に住んでいるサモエド族によってのみ飼育されていて外部に出る事はほとんどなく、初めて他地域に輸出されたのが19世紀ごろ(18世紀ともいわれている)であった事などを考慮するとつじつまが合わず、この仮説は成立しない。

このページのQRコード

メールを送る