フレンチ・ブルドッグの画像

フレンチ・ブルドッグ(英語:French Bulldog)


特徴・歴史

フレンチ・ブルドッグはフランスが原産国で平均寿命10~12年ほどとなっています。
フレンチ・ブルドッグの体重はオス:8~14kg、メス:8~14kgで小型犬に分類されておりグループ分けではノンスポーティンググループに分類されています。 性格は溌剌、遊び好き、身体能力が高い、警戒心が強い、おおらか、快活、鋭敏、忍耐強い、愛情深い、社交的。あまり吠えないフレンチ・ブルドッグですのでご近所さんに迷惑がかかりません。ただし、番犬には不向きです。

かかりやすい病気はヘルニア・聴覚障害・白内障にかかりやすい。



英語
French Bulldog
別名
-
原産国
フランス
分類
ノンスポーティンググループ
平均寿命
10~12年
サイズ
小型犬
高さ
オス:27~30cm|メス:25~28cm
体重
オス:8~14kg|メス:8~14kg
ホワイト、ホワイト&ブリンドル、フォーン、ブリンドル、クリーム、タン、ブラック・ブリンドル
黒色
鼻が短い黒色
羽を広げたような耳
アンダーショットバイト
ほとんど振る事はできない尾
短くなめらか
性格
溌剌、遊び好き、身体能力が高い、警戒心が強い、おおらか、快活、鋭敏、忍耐強い、愛情深い、社交的
トリミング
あまり必要ない
抜け毛
季節により抜け毛がある
吠えること
あまり吠えない


フレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグは犬の品種の一つ。 18世紀イギリスの織物職人がフランスに渡った時、一緒に連れて行ったブルドッグが元となり、パグやテリアとの交配で誕生した。 日本には大正時代に紹介され、昭和初期には数多く飼育された。その後日本での人気は衰えたが、2000年代に入ってから人気が復活している。 がっしりとした体つきの、極めて鼻が短い小型犬である。特徴的なのはコウモリが羽を広げたような耳で、バット・イアと呼ばれる。尾は通常短く、ほとんど振る事はできない。後述するパイドの個体は、時にボストン・テリアと混同される場合があり、現在では血統書を発行するにあたり、フレンチ・ブルドッグかボストン・テリアかをDNA鑑定することがあるらしい。利口で愛情深い性格である。ヘルニア・聴覚障害・白内障にかかりやすい。体高28~33cm、平均体重11kg。 飼育特性 毛は季節ごとに生え変わり抜け毛が多い。 食欲旺盛の為肥満になりやすい。食事の管理に加え毎日、自由運動と引き運動が必要。散歩は後述にもあるとおり、長時間の必要がない。

このページのQRコード

メールを送る