ヨークシャー・テリアの画像

ヨークシャー・テリア(英語:Yorkshire Terrier)


特徴・歴史

ヨークシャー・テリアは別名、ヨーキーと呼ばれています。イギリスが原産国で平均寿命13~16年ほどとなっています。
ヨークシャー・テリアの体重は3.2kgで小型犬に分類されておりグループ分けではトイグループに分類されています。 性格は堂々としている、自信満々、勇気がある、聡明、独立心が強い。あまり吠えないヨークシャー・テリアですのでご近所さんに迷惑がかかりません。ただし、番犬には不向きです。

かかりやすい病気は膝蓋骨脱臼、水頭症、糖尿病、気管虚脱。19世紀中ごろ、イギリスのヨークシャー地方の工業地帯の工員の家屋を荒らすネズミを捕まえるために間接狩猟犬として作出された。1862年に「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャー・テリア」と命名されたが長すぎたためヨークシャー・テリアと呼ばれるようになった。wikipedia



英語
Yorkshire Terrier
別名
ヨーキー
原産国
イギリス
分類
トイグループ
平均寿命
13~16年
サイズ
小型犬
高さ
15~17.5cm
体重
3.2kg
ブラック・タン、ダーク・スチール、ブルーゴールド、シルバー
黒色
黒色
V字の立ち耳
-
3cm程の長さに断尾される
ロングコート
性格
堂々としている、自信満々、勇気がある、聡明、独立心が強い
トリミング
必要です
抜け毛
割と少ない
吠えること
あまり吠えない


ヨークシャー・テリア

ヨークシャー・テリア(Yorkshire Terrier)は、小型の愛玩犬の一つ。しばしばヨーキーと呼ばれる。 犬種の歴史・概要 19世紀中ごろ、イギリスのヨークシャー地方の工業地帯の工員の家屋を荒らすネズミを捕まえるために間接狩猟犬として作出された。1862年に「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャー・テリア」と命名されたが長すぎたためヨークシャー・テリアと呼ばれるようになった。1886年にイギリスのケンネル・クラブにおいて公認された比較的新しい犬種である。賢く勇猛である。1800年代後半にアメリカ初上陸となる。 オーストラリアン・テリアやオーストラリアン・シルキー・テリアとはかつては混同され1932年にこれら3犬種の交配が禁止されるまで統一されたスタンダードは確立されなかった。 JKCが公認する犬種の中ではチワワに次ぐ小型な犬種であり、成長しても2~3kg程度にしかならない個体が多い。しかし、この犬種がマンチェスター・テリアやスカイ・テリア、絶滅種であるクライズデール・テリア(ペイズリーテリア)やマルチーズなど様々な犬種を交ぜ改良したものであることや、犬種自体の歴史が浅く血統が不安定であることなどの要因により、しばしば7kg程度までの大きな個体が現れることもある。

このページのQRコード

メールを送る