ゴールデン・レトリバーの画像

ゴールデン・レトリバー(英語:Golden Retriever)


特徴・歴史

ゴールデン・レトリバーは別名、イエローリトリーバ-と呼ばれています。イギリスが原産国で平均寿命10~12年ほどとなっています。
ゴールデン・レトリバーの体重はオス:29.5~34kg、メス:25~32kgで大型犬に分類されておりグループ分けではスポーティンググループに分類されています。 性格は頼りになる、友好的、優しい、自信満々、信頼できる、聡明。それほど吠えることがないので割と飼いやすいゴールデン・レトリバーです。

水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持ち返る役割を担う犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、水草の生い茂る湖の中を遠くまで泳いで鳥を持ち返る猟犬として、何時間も猟場で活動することが可能な猟犬です。wikipedia。ゴールデン・レトリーバーの歴史はほとんど不明ですが、19世紀にスコットランドの貴族トゥイードマス卿によって作られたと言われています。好奇心旺盛で体を動かして遊ぶ事が大好きですので、運動不足によるストレスに注意しましょう。子犬の頃から一緒になって遊んであげれば環境にも慣れとても従順なパートナーになってくれるでしょう。かかりやすい病気は股関節異形成と先天的な目の欠陥に注意が必要です。幼犬の時の長距離の散歩などに気をつけましょう。



英語
Golden Retriever
別名
イエローリトリーバ-
原産国
イギリス
分類
スポーティンググループ
平均寿命
10~12年
サイズ
大型犬
高さ
オス:58~61cm|メス:55~57cm
体重
オス:29.5~34kg|メス:25~32kg
ゴールド、
焦げ茶色
黒色、茶色
垂れ耳
シザースバイト
飾り毛のある垂れ尾
弾力性のある長いトップコートと柔らかく短いアンダーコートのダブルコート
性格
頼りになる、友好的、優しい、自信満々、信頼できる、聡明
トリミング
必要です
抜け毛
普通
吠えること
普通


ゴールデン・レトリバー

ゴールデン・レトリーバー(ゴールデン・レトリバーとも、Golden Retriever)は、イギリス原産の大型犬である。賢さ及び忠誠心を兼ね備え、穏和な性格の犬種であるためペットとして広く愛好されている。元来、水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持ち返る(=retrieve)役割を担う犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、水草の生い茂る湖の中を遠くまで泳いで鳥を持ち返る猟犬として、何時間も猟場で活動することが可能な猟犬である。 19世紀中頃、スコットランドのダッドリー・マーシュバンクス伯爵(後のツウィードマウス卿)が交配により作出したのが起源である。1865年、ダッドリー・マーシュバンクス伯爵は小型のニューファンドランド犬と掛け合わせた黒のウェイビーコーテッド・レトリーバーから生まれた、1頭のウェーブ掛かった黄色の被毛に覆われた「ヌー」を購入した。ダッドリー・マーシュバンクス伯爵は「ヌー」及びツウィード・ウォーター・スパニエルの「ベル」を掛け合わせ、4頭の牝が生まれた。

このページのQRコード

メールを送る