ロットワイラーの画像

ロットワイラー(英語:Rottweiler)


特徴・歴史

ロットワイラーは別名、ロッティーと呼ばれています。ドイツが原産国で平均寿命8~10年ほどとなっています。
ロットワイラーの体重はオス:50~55kg、メス:32~42kgで大型犬に分類されておりグループ分けではワーキンググループに分類されています。 性格は献身的、温厚、警戒心が強い、気質が安定した、自信がある、従順、平穏、自信満々、勇敢、恐れ知らず。それほど吠えることがないので割と飼いやすいロットワイラーです。

牧牛用・警備用の犬種。筋肉質で骨太な体格。旧称はロットワイラー・メッツァフンド(メッツァフンド=屠殺人の犬)といったイメージが悪くドイツの歴史上の問題もあり現在は「ロットワイラー」と呼ばれている。ガードドッグとして優れた犬種であったためお金や家を泥棒から守る警備犬として働いたり、軍用犬や警察犬としても使われるようになった。パワフルでかつ頭の切れる優れた犬であったため、牧牛犬として改良されてロットワイラーが誕生した。



英語
Rottweiler
別名
ロッティー
原産国
ドイツ
分類
ワーキンググループ
平均寿命
8~10年
サイズ
大型犬
高さ
オス:61~68cm|メス:61~68cm
体重
オス:50~55kg|メス:32~42kg
ブラック・アンド・タン
小さいアーモンド形の茶色
鼻の穴が大きい黒色
垂れ耳
シザースバイト
飾り毛の少ない先細りの垂れ尾
ダブルコート
性格
献身的、温厚、警戒心が強い、気質が安定した、自信がある、従順、平穏、自信満々、勇敢、恐れ知らず
トリミング
あまり必要ない
抜け毛
普通
吠えること
普通


ロットワイラー

ロットワイラー ロットワイラー (犬種) - ドイツ原産の犬の品種 ターミネーター2018(原題:Rottweiler) - 映画。

ロットワイラー (犬種)

ロットワイラー(英: Rottweiler)とは、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州のロットヴァイル(Rottweil)地方原産の牧牛用・警備用の犬種。愛称はロッティー(英: Rottie)。 旧称はロットワイラー・メッツァフンド(英: Rottweiler Metzerhund、メッツァフンド=屠殺人の犬)であるが、イメージが悪くドイツの歴史上の問題もあり現在は「ロットワイラー」と称される。 紀元前にローマ人がもたらしたモロサスタイプの犬が先祖である。これはもともと闘犬として使われていた犬ではあるが、パワフルでかつ頭の切れる優れた犬たちであったため、牧牛犬として改良されてロットワイラーが誕生した。 牛の移動方法はイタリアのカネ・コルソと同じで、リーダー格の牛の頭部に怪我をさせない程度に軽く攻撃をけしかけ、怒らせるかおびえさせることにより移動させ、それに従う他の牛もいっぺんにまとめて移動させるという方法で行われる。

このページのQRコード

メールを送る