秋田犬の画像

秋田犬(英語:Akita)


特徴・歴史

秋田犬は日本が原産国で平均寿命11~15年ほどとなっています。
秋田犬の体重はオス:45~59kg、メス: 32~45kgで大型犬に分類されておりグループ分けではワーキンググループに分類されています。 性格は警戒心が強い、素直、友好的、敏感、勇気がある、威厳がある。

アキタケンとよぶ人が多いようですが、正式には「アキタイヌ」と読み、「アキタケン」とは読まない。忠犬ハチ公のエピソードで有名であり、主人に忠実な家庭犬の品種として、広く知られている。秋田県で闘犬や狩猟犬として飼育されていたものを品種固定した犬であり、現在も秋田県下を中心に家庭犬としての愛好者が多い。wikipedia



英語
Akita
別名
-
原産国
日本
分類
ワーキンググループ
平均寿命
11~15年
サイズ
大型犬
高さ
オス: 66~71cm|メス: 61~66cm
体重
オス:45~59kg|メス: 32~45kg
赤色、白色、虎色、黒色、胡麻色
焦げ茶色の小さな目
大きく、色は黒色
三角の立ち耳
シザースバイト
巻き尾
ダブルコート。アンダーコートは柔らかく、密集している。オーバーコートは直毛であらい毛質。
性格
警戒心が強い、素直、友好的、敏感、勇気がある、威厳がある
トリミング
あまり必要ない
抜け毛
多い
吠えること
吠えない


秋田犬

秋田犬(あきたいぬ)は、秋田県原産の日本犬の一種。国の天然記念物に指定されている6つの日本犬種のうち、唯一の大型犬種である。「あきたけん」と読まれることも多い。日本人の間では忠犬ハチ公のエピソードで有名であり、主人に忠実な家庭犬の品種として、広く知られている。秋田県で闘犬や狩猟犬として飼育されていたものを品種固定した犬であり、現在も秋田県下を中心に家庭犬としての愛好者が多い。一部自治体では「特定犬」に指定され、檻の中での飼育が義務化されている。 大型犬で、体、肢、吻は、がっしりとしている。 体長は、体高に比べやや長め。 体毛は下毛と上毛の2層構造で、耐寒能力に優れる。下毛は密度が高く、上毛は長さ5cm前後の硬い直毛である。 毛色は赤、白、虎、黒、胡麻。ただし、胡麻毛と黒毛は絶滅状態である。 三角の立ち耳、クルリと巻いた巻き尾など、スピッツ系の特徴をもつ。 闘犬・狩猟犬として改良・飼育された経緯から、高い身体能力を備え、力も強い。 飼い主に忠実で、番犬としての適性に優れる。 見知らぬ人間や他の犬に対する攻撃性が強く、威圧的な態度をとることもある。

秋田犬保存会

公益社団法人秋田犬保存会(あきたいぬほぞんかい)は、天然記念物秋田犬の保護や繁殖などを目的とする公益法人である。元文部科学省所管、通称秋保(あきほ)。 所在:秋田県大館市字三ノ丸13-1 秋田犬会館 設立:1953年(昭和28年)5月9日 会長:遠藤 敬 沿革 大正時代、秋田県の土着犬である秋田マタギをルーツとする犬種の血統が闘犬により乱れたことを憂え、少なくなっていた純血統の犬を保存しようという動きが高まる。1920年(大正9年)、保存運動の高まりを受けて天然記念物指定のため調査が行われるが、闘犬の影響のほか、秋田県内各地で犬の特徴が異なっていたため、指定はいったん見送られる。 1927年(昭和2年)5月に当時の秋田県北秋田郡大館町長である泉茂家によって秋田犬保存会が設立される。1931年(昭和6年)に国内犬種で初の天然記念物指定を受けると、1934年(昭和9年)頃から犬籍登録が実施され、1938年(昭和13年)には秋田犬標準が制定され展覧会が開催されるようになる。

秋田犬協会

社団法人秋田犬協会(しゃだんほうじんあきたいぬきょうかい)は、かつて存在した文部科学省文化財部記念物課所管の社団法人。 秋田犬の保護及び増殖を目的として、犬籍原簿等の整備や血統書及び種犬選定書の発行等を行っている。 所在:神奈川県鎌倉市岡本1-1-1 設立:1955年(昭和30年)4月2日 会長・代理:黒瀬敏行 外部リンク 文部科学省所管公益法人一覧(文化財部記念物課)。

このページのQRコード

メールを送る