シェットランド・シープドッグの画像

シェットランド・シープドッグ(英語:Shetland Sheepdog )


特徴・歴史

シェットランド・シープドッグは別名、シェルティー 、スコットランドコリー、ミニチュアコリーと呼ばれています。イギリスが原産国で平均寿命12~13年ほどとなっています。
シェットランド・シープドッグの体重は10kgで小型犬に分類されておりグループ分けではハーディンググループに分類されています。 性格は溌剌、遊び好き、内気、警戒心が強い、穏やか、忠実、強い、敏感、活動的、聡明、愛情深い、しつけやすい。よく吠えるのでペット可のマンションでは近隣の部屋まで鳴き声が響いて、迷惑をかけてしまいます。しっかりとした訓練と飼育が必要なシェットランド・シープドッグです。

スコットランド地方の牧羊犬であるラフ・コリーやボーダー・コリーとその起源を共有すると考えられている。19世紀の終わり頃、イギリス海軍の艦隊が演習のためにこの島を訪れるようになると、シェットランド・シープドッグの子犬が盛んにイギリス本土に持ち込まれるようになった。この犬がイギリスに紹介された時には、スパニエルの影響を感じさせる犬であり、これにラフ・コリーなどを交配させながら大型化しないように作出された。wikipedia



英語
Shetland Sheepdog
別名
シェルティー 、スコットランドコリー、ミニチュアコリー
原産国
イギリス
分類
ハーディンググループ
平均寿命
12~13年
サイズ
小型犬
高さ
オス:37cm|メス:35.5cm
体重
10kg
黒、ブルーマール、セーブル
アーモンド形で黒色
黒色
立ち耳
シザースバイト
垂れ尾
粗くて長い上毛と柔らかくて密生した下毛のダブルコート
性格
溌剌、遊び好き、内気、警戒心が強い、穏やか、忠実、強い、敏感、活動的、聡明、愛情深い、しつけやすい
トリミング
必要です
抜け毛
季節により抜け毛がある
吠えること
よく吠える


シェットランド・シープドッグ

シェットランド・シープドッグ (Shetland Sheepdog) は、スコットランドのシェトランド諸島を原産地とする犬の品種のひとつ。コリーとよく似た外観を持つが、より小型である。シェルティー(Sheltie) の愛称で呼ばれる。 その歴史はきわめて古く、そのままスコットランドの牧羊犬の歴史に匹敵するもので、同じくスコットランド地方の牧羊犬であるラフ・コリーやボーダー・コリーとその起源を共有すると考えられている。気候条件が厳しく、荒涼としたシェトランド諸島は、牧草地として有効な土地が限られており、飼料が不足する環境では家畜が小型化するのは必然であった。その結果、羊(シェトランド・シープ)は、スコットランド産の半分の大きさとなっている。シェットランド・シープドッグも環境に適応して小型化したか、あるいは小型の家畜に対応して小型化したと考えられている。人口が少なく放牧地と農耕地を隔てる柵が少なかったこの島では、家畜の動きを管理する熟練の牧畜犬の存在が不可欠であった。

このページのQRコード

メールを送る