スタンダード・プードルの画像

スタンダード・プードル(英語:Standard Poodle)


特徴・歴史

スタンダード・プードルは別名、フレンチ・プードルと呼ばれています。フランスが原産国で平均寿命12~15年ほどとなっています。
スタンダード・プードルの体重は15~19kgで中型犬に分類されておりグループ分けではノンスポーティンググループに分類されています。 性格は感覚鋭敏、警戒心が強い、誠実、活動的、聡明、しつけやすい。よく吠えるのでペット可のマンションでは近隣の部屋まで鳴き声が響いて、迷惑をかけてしまいます。しっかりとした訓練と飼育が必要なスタンダード・プードルです。

もともとのオリジナルサイズのプードル。獲物を回収する犬(狩猟犬・リトリーバー)として主人が撃ち落とした鳥を回収するのに使われていた。現在は介助犬としても活躍している。非常に毛が絡みやすく、毛玉ができやすいため毎日のブラッシング、定期的なトリミングが欠かせない。プードルがかかることのある病気は、膝蓋骨脱臼、進行性網膜萎縮症、流涙症、レッグ・ペルテス・パーセス症、外耳炎、てんかん。一般に利口であり、知能の高さにおいては全ての犬種のなかでもボーダー・コリーに次ぐ第2位であるとも言われる。


スポンサーリンク
英語
Standard Poodle
別名
フレンチ・プードル
原産国
フランス
分類
ノンスポーティンググループ
平均寿命
12~15年
サイズ
中型犬
高さ
45~60cm
体重
15~19kg
ホワイト、ブラック、グレー、レッド
楕円形で黒。丸い目
黒、ブラウン、カフェオレ
幅も広く長い垂れ耳
シザースバイト
立ち尾
シングルコート
性格
感覚鋭敏、警戒心が強い、誠実、活動的、聡明、しつけやすい
トリミング
必要です
抜け毛
割と少ない
吠えること
よく吠える

スポンサーリンク
このページのQRコード

メールを送る