チワワの画像

チワワ(英語:Chihuahua)


特徴・歴史

チワワはメキシコが原産国で平均寿命10~18年ほどとなっています。
チワワの体重は0.9~2.7kgで小型犬に分類されておりグループ分けではトイグループに分類されています。 性格は溌剌、献身的、警戒心が強い、敏捷、勇気がある。よく吠えるのでペット可のマンションでは近隣の部屋まで鳴き声が響いて、迷惑をかけてしまいます。しっかりとした訓練と飼育が必要なチワワです。

世界的に公認された犬の中でも最も小さな犬種。名前の由来はメキシコの地名チワワにちなんで名付けられました。昔から南米のインディアンやインディオによって飼育されていました。その時の名前はテチチ(英:Techichi)と呼ばれており世界各地で人気の愛玩犬種であるチワワの先祖と言われています。


スポンサーリンク
英語
Chihuahua
別名
-
原産国
メキシコ
分類
トイグループ
平均寿命
10~18年
サイズ
小型犬
高さ
15~22cm
体重
0.9~2.7kg
子鹿色、砂色、栗色、銀色、スチール色、ブラックタン
丸くて大きい、黒色
黒色
外側へ反ったたち耳
シザースバイト
立ち尾
ロングコート、ショートコート
性格
溌剌、献身的、警戒心が強い、敏捷、勇気がある
トリミング
あまり必要ない
抜け毛
普通
吠えること
よく吠える

スポンサーリンク

チワワ

チワワ(スペイン語: Chihuahueño)は、世界的に公認された犬の中でも最も小さな犬種。メキシコのチワワ地域が原産地。 チワワは、北アメリカにおいては最も古い犬種であり、テチチ(Techichi)として知られるアステカ文明の王族の時代から飼われ儀式の生贄とされていた、現状よりすこし大きい犬種の直系の子孫であると考えられている。人墓から一緒に埋葬されたテチチの骨も発掘されている。 19世紀半ばからアメリカで品種改良が進められ(この時期、ロングコートが改良生産された)、アメリカンケネルクラブに登録されたのは1904年である。 日本では1970年代より飼育されるようになり、小型犬ゆえの飼育のしやすさから、2006年のジャパンケネルクラブの登録頭数は約8万6千頭とダックスフントに次ぐ2位という人気になっている。特にロングコートは若い女性に人気が高い。 アメリカでは1998年にタコベルのCMに登場するタレント犬・ギジェットが話題を呼び、チワワは全米で人気の高い犬種の一つとなったが、ブームの沈静化とともに野良チワワが社会問題となった。

チワワ州

チワワ州 Estado Libre y Soberano de Chihuahua 200px チワワ州(スペイン語:Estado de Chihuahua)は、メキシコの31の州の一つである。同国北西部に位置する。面積は244,938km²であり、同国内で最大の面積を持つ。同州の大部分は砂漠(チワワ砂漠、Desierto de Chihuahua)である。また、メキシコ最大の森林面積を持つ。北部でアメリカ合衆国のニューメキシコ州と、リオ・グランデ川を挟んでテキサス州、東部でコアウィラ州、西部でソノラ州、南西部でシナロア州、南部でドゥランゴ州と接する。 州の名前は州都チワワにちなんで名付けられた。「チワワ」の由来ははっきりしていないが、ナワトル語で「乾燥した砂の場所」を意味するXicuahua に由来すると考えられる。 2010年センサスで州の人口は3,401,140人で、63%がチワワ自治体とフアレス自治体に住んでいる。 チワワは1709年にアントニオ・デサ・イ・ウロアによって造られた。

チワワ鉄道

『メキシコの鉄道』より : チワワ太平洋鉄道(チワワたいへいようてつどう、Ferrocarril Chihuahua al Pacífico, ChP, Chepe)は、メキシコ北西部の主要な鉄道である。 チワワ太平洋鉄道はメキシコ内陸部のチワワ州チワワと太平洋沿岸のシナロア州ロスモチスを結ぶ鉄道である。線路の長さは約 650 km で、途中で37の橋と86のトンネルを通過し、バランカ・デル・コブレ(銅峡谷)などの峡谷地帯を横断している。非常に高低差がある路線であり、ディビサデロ駅付近では海抜 2,400 m の高さに達する。急行列車での片道の所要時間は約15時間である。 2008年現在、メキシコにおいて地下鉄とライトレール以外で定期旅客列車を運行している唯一の路線である。この路線は地元住民の足として、また観光資源として重要な交通手段となっている。車窓から見下ろすバランカ・デル・コブレは絶景であり、しばしば大陸で最も景観の良い路線と評価される。 チワワ太平洋鉄道の建設に関する公式な記録は1880年にさかのぼる。

チワワ太平洋鉄道

『メキシコの鉄道』より : チワワ太平洋鉄道(チワワたいへいようてつどう、Ferrocarril Chihuahua al Pacífico, ChP, Chepe)は、メキシコ北西部の主要な鉄道である。 チワワ太平洋鉄道はメキシコ内陸部のチワワ州チワワと太平洋沿岸のシナロア州ロスモチスを結ぶ鉄道である。線路の長さは約 650 km で、途中で37の橋と86のトンネルを通過し、バランカ・デル・コブレ(銅峡谷)などの峡谷地帯を横断している。非常に高低差がある路線であり、ディビサデロ駅付近では海抜 2,400 m の高さに達する。急行列車での片道の所要時間は約15時間である。 2008年現在、メキシコにおいて地下鉄とライトレール以外で定期旅客列車を運行している唯一の路線である。この路線は地元住民の足として、また観光資源として重要な交通手段となっている。車窓から見下ろすバランカ・デル・コブレは絶景であり、しばしば大陸で最も景観の良い路線と評価される。 チワワ太平洋鉄道の建設に関する公式な記録は1880年にさかのぼる。

チワワ (チワワ州)

チワワ (Chihuahua) は、メキシコにある都市で、チワワ州の州都である。人口約80万人(2010年)。 都市の名称のチワワの由来には諸説ありナワトル語で水の間(Chihuahua)、穴の開いた石の場所(Guaguachí)を示すというものや、タラフマラ族の言葉で乾燥した砂の場所(Xicuahua)を意味するなど様々に語られる。1709年10月12日、チワワが設立された。1863年フランスがメキシコシティを占領すると、当時のメキシコの大統領のフアレスはチワワ州シウダー・フアレスに亡命政権を築く。ポルフィリオ・ディアス政権のころ、チワワは爆発的な成長を遂げる。メキシコ革命では、政府軍を打倒しチワワ州を支配したパンチョ・ビリャの拠点となった。20世紀を通じて、アメリカと近接する地の利を生かして、都市人口は成長を続けた。 2010年には第24回IAAFワールドカップ競歩開催が決定した(メキシコでの開催は1993年モンテレイ大会以来) 気候 観光 "trolley el tarahumara"と呼ばれる観光バスが市内を周っており、博物館や観光名所などに連れて行ってくれる。

チワワ (曖昧さ回避)

チワワ チワワ州 - メキシコの州のひとつ。 チワワ (チワワ州) - チワワ州の州都。 チワワ - 犬の犬種のひとつ。

このページのQRコード

メールを送る