ミニチュア・ピンシャーの画像

ミニチュア・ピンシャー(英語:Miniature Pinscher)


特徴・歴史

ミニチュア・ピンシャーは別名、ミニピンと呼ばれています。ドイツが原産国で平均寿命13年ほどとなっています。
ミニチュア・ピンシャーの体重はオス:4~5kg、メス:3.5~4kgで小型犬に分類されておりグループ分けではトイグループに分類されています。 性格は外向的、遊び好き、活気がある、友好的、利口、敏感。よく吠えるのでペット可のマンションでは近隣の部屋まで鳴き声が響いて、迷惑をかけてしまいます。しっかりとした訓練と飼育が必要なミニチュア・ピンシャーです。

200~300年前にドイツや北欧の国々で小害獣駆除を目的として飼育されていた中型の犬種(ヘル・ピンシェル)を小型に改良固定したものである。ヘル・ピンシェルはドーベルマン・ピンシャーの祖先としても知られる犬種である。ミニチュア・ピンシャーはドーベルマンと体形が似ているため、ドーベルマンのミニチュア犬と思われている事が多いが、犬種の歴史ではミニチュア・ピンシャーの方が古い。 原産国であるドイツではレイ・ピンシェル、又はツベルク・ピンシェルと呼ばれている。 レイとは小鹿体形が似ていることによる。ツベルクは超小型を意味する。小型犬ながら番犬としても有能で、アメリカでは車の盗難防止や麻薬密売者の護衛犬として用いられたこともある。wikipedia 


スポンサーリンク
英語
Miniature Pinscher
別名
ミニピン
原産国
ドイツ
分類
トイグループ
平均寿命
13年
サイズ
小型犬
高さ
オス:25~30cm|メス:25~28cm
体重
オス:4~5kg|メス:3.5~4kg
ブラックアンドタン、ブラウン
黒色
黒色
立ち耳、垂れ耳
シザースバイト
立ち尾
短い
性格
外向的、遊び好き、活気がある、友好的、利口、敏感
トリミング
あまり必要ない
抜け毛
割と少ない
吠えること
よく吠える

スポンサーリンク

ミニチュア・ピンシャー

ミニチュア・ピンシャー(Miniature Pinscher)は犬の一種。愛好家からはミニピンと呼ばれ親しまれているドイツ原産の愛玩犬。 200~300年前にドイツや北欧の国々で小害獣駆除を目的として飼育されていた中型の犬種(ヘル・ピンシェル)を小型に改良固定したものである。ヘル・ピンシェルはドーベルマン・ピンシャーの祖先としても知られる犬種である。ミニチュア・ピンシャーはドーベルマンと体形が似ているため、ドーベルマンのミニチュア犬と思われている事が多いが、犬種の歴史ではミニチュア・ピンシャーの方が古い。 原産国であるドイツではレイ・ピンシェル、又はツベルク・ピンシェルと呼ばれている。 レイとは小鹿体形が似ていることによる。ツベルクは超小型を意味する。 小型犬ながら番犬としても有能で、アメリカでは車の盗難防止や麻薬密売者の護衛犬として用いられたこともある。 機敏で活発、大胆で気性が荒く、自尊心が強い。また体質も強壮で番犬として充分な素質をもっている。 自分より大きな相手でも恐れを知らず未知の人物にはすぐさま警戒態勢をとる。

このページのQRコード

メールを送る