パグの画像

パグ(英語:Pug)


特徴・歴史

パグは別名、ダッチブルドッグ、ミニマスチフと呼ばれています。中国が原産国で平均寿命12~15年ほどとなっています。
パグの体重は6.3~8.1kgで小型犬に分類されておりグループ分けではトイグループに分類されています。 性格は愛嬌がある、遊び好き、素直、利口、静か、頑固、注意力がある、社交的。それほど吠えることがないので割と飼いやすいパグです。

名前のパグ(Pug)の由来は、ラテン語で「握り拳pugnus(パグナス)」や、中国語で「いびきをかいて眠る王様」を意味する「覇歌(パー・クー)」などから付けられました。骨格はしっかりとしており、鳴き声も落ち着いた低い声であるが、ときには高い声も出す。飼い主と共に過ごすことが大好きな犬ですので、一緒に遊びながらしつけてあげると喜んで訓練に取り組むことでしょう。運動量はわりと少なめで1日2回10分ずつの散歩でいいと思います。顔のしわや、耳の所には汚れがたまりやすいので清潔を保ってあげてください。パグのように鼻先の短い犬は、生まれつき呼吸器に弱点があります。鼻による呼吸が浅く、また鼻腔の中が狭いので暑さに弱く、寒さにも弱い。


スポンサーリンク
英語
Pug
別名
ダッチブルドッグ、ミニマスチフ
原産国
中国
分類
トイグループ
平均寿命
12~15年
サイズ
小型犬
高さ
35~45cm
体重
6.3~8.1kg
フォーン、黒色、灰色、白色、シルバーなど
大きい
-
垂れ耳
-
巻き尾
ダブルコート
性格
愛嬌がある、遊び好き、素直、利口、静か、頑固、注意力がある、社交的
トリミング
必要です
抜け毛
季節により抜け毛がある
吠えること
普通

スポンサーリンク

パグ

パグ(Pug)とは、犬の種類(犬種)の一つ。短鼻の小型犬。短毛、垂れ耳。毛色はフォーン(サンプル画像の毛色)、黒、灰、白、シルバーなど。なお、黒以外の毛色の場合は鼻から口の周辺及び耳は黒い。 その名前の由来は、ラテン語で「握り拳」を意味する「pugnus(パグナス)」から、または、中国語で「いびきをかいて眠る王様」を意味する「覇歌(パー・クー)」から、古い英語で「優しく愛されるもの」からきているとも言われる。 紀元前400年の中国にて既に存在、16世紀オランダでは「ダッチマスティフ」・「ドワーフマスティフ」と呼ばれ、日本には第二次世界大戦後に紹介された。 特徴・性質 小型犬ながら、骨格はしっかりとしており、鳴き声も落ち着いた低い声である。ときには、高い声も出す。 飼い主と共に過ごすことで充足するとされる。 やや気まぐれでマイペースな面もあるが、温厚。プライドが高い。頑固。 短毛でダブルコート。 健康上の注意点 短吻種のため、暑さに弱く、寒さにも弱い。 垂れ耳と、特徴的な顔のしわに汚れがたまりやすい。

パグ犬

『パグ』より : パグ(Pug)とは、犬の種類(犬種)の一つ。短鼻の小型犬。短毛、垂れ耳。毛色はフォーン(サンプル画像の毛色)、黒、灰、白、シルバーなど。なお、黒以外の毛色の場合は鼻から口の周辺及び耳は黒い。 その名前の由来は、ラテン語で「握り拳」を意味する「pugnus(パグナス)」から、または、中国語で「いびきをかいて眠る王様」を意味する「覇歌(パー・クー)」から、古い英語で「優しく愛されるもの」からきているとも言われる。 紀元前400年の中国にて既に存在、16世紀オランダでは「ダッチマスティフ」・「ドワーフマスティフ」と呼ばれ、日本には第二次世界大戦後に紹介された。 特徴・性質 小型犬ながら、骨格はしっかりとしており、鳴き声も落ち着いた低い声である。ときには、高い声も出す。 飼い主と共に過ごすことで充足するとされる。 やや気まぐれでマイペースな面もあるが、温厚。プライドが高い。頑固。 短毛でダブルコート。 健康上の注意点 短吻種のため、暑さに弱く、寒さにも弱い。 垂れ耳と、特徴的な顔のしわに汚れがたまりやすい。

パグワ

パグワ王はタイのアユタヤー王朝の3代目の王。別名はボーロマラーチャーティラート1世。1369年、ロッブリー家出身で対立関係にあった前王のラーメースワンがクメールの討伐に失敗し、当時スパンブリーの王であったパグワが援軍を派遣した。これが成功し王宮内でボーロマラーチャーを望む声が大きくなったため、ボーロマラーチャーを自称し王位に就いた。即位中はスコータイ王朝を解体し旧勢力の弱体化を行い、ピッサヌローク、カムペーンペット、チエンマイを討伐した。 関連記事 タイ君主一覧 サイルータイ王。

パグウォッシュ会議

パグウォッシュ会議(パグウォッシュかいぎ、Pugwash Conferences)、正式には科学と世界の諸問題に関するパグウォッシュ会議(かがくとせかいのしょもんだいにかんするパグウォッシュかいぎ、Pugwash Conferences on Science and World Affairs)は、全ての核兵器およびすべての戦争の廃絶を訴える科学者による国際会議である。「2007年-2012年」期の会長は、スリランカの外交官ジャヤンタ・ダナパラ。 バートランド・ラッセルとアルベルト・アインシュタインによるラッセル=アインシュタイン宣言での呼びかけを受け、11人の著名な科学者によって創設された。 1957年7月7日、カナダ・ノバスコシア州パグウォッシュにある鉄道王サイラス・スティーブン・イートンの別荘に、湯川秀樹、朝永振一郎、小川岩雄、マックス・ボルン、フレデリック・ジョリオ=キュリーら10カ国22人の科学者たちが集まって第1回の会議が開かれた。

このページのQRコード

メールを送る