ローシェンの画像

ローシェン(英語:Lowchen)


特徴・歴史

ローシェンは別名、リトル・ライオン・ドッグ、ラ・プチ・シアン・リオンと呼ばれています。フランスが原産国で平均寿命12~14年ほどとなっています。
ローシェンの体重はオス:4.5~8.2kg、メス:3.6~7.3kgで小型犬に分類されておりグループ分けではノンスポーティンググループに分類されています。 性格は親しみやすい、健康的、活発、お茶目で非常に知的。。あまり吠えないローシェンですのでご近所さんに迷惑がかかりません。ただし、番犬には不向きです。

マルチーズやビション・フリーゼとは近縁。数が少なく珍しい犬種です。



英語
Lowchen
別名
リトル・ライオン・ドッグ、ラ・プチ・シアン・リオン
原産国
フランス
分類
ノンスポーティンググループ
平均寿命
12~14年
サイズ
小型犬
高さ
オス:33~36cm|メス:30~33cm
体重
オス:4.5~8.2kg|メス:3.6~7.3kg
黒、チョコレート、ブラック&タン、ブルー、クリーム、ブラック&シルバー
濃い茶色か薄い茶系
ブラック
垂れ耳
シザースバイト
垂れ尾
ウエーブコート
性格
親しみやすい、健康的、活発、お茶目で非常に知的。
トリミング
必要です
抜け毛
割と少ない
吠えること
あまり吠えない


ローシェンナ

『シェンナ』より : シェンナ (sienna) は、水和酸化鉄を主成分とし、ケイ酸コロイドと少量のマンガンを含む天然の土を原料とする、やや黒味を帯びた黄褐色の顔料。 人類が最も古くから用いた天然顔料の1種であり、洞窟の壁画などにも見られる。 ローシェンナとバーントシェンナ 焼いていないものはローシェンナ (raw sienna) と呼ばれ、黄味の強い色をしている。焼いたものはバーントシェンナ (burnt siennna) と呼ばれる酸化第二鉄を主成分とした赤褐色の顔料として用いられる。 産地 シェンナという名前は、原料となる土がイタリア・ルネサンスの中心地、トスカーナ地方の都市シエーナ (Siena) に産出したことに由来する。現在は、イタリアのサルデーニャ島やシチリア島のほか、アパラチア山脈でとれるものが多く使用されている。 色のシェンナ ローシェンナ、バーントシェンナは色名としても用いられる。 日本工業規格では、JIS慣用色名として右のようにマンセル値で色が定義されている。

このページのQRコード

メールを送る