ジャーマン・シェパード・ドッグの画像

ジャーマン・シェパード・ドッグ(英語:German Shepherd Dog)


特徴・歴史

ジャーマン・シェパード・ドッグは別名、シェパードと呼ばれています。ドイツが原産国で平均寿命10~12年ほどとなっています。
ジャーマン・シェパード・ドッグの体重はオス:35~40kg、メス:25~32kgで大型犬に分類されておりグループ分けではハーディンググループに分類されています。 性格は注意深い、警戒心が強い、好奇心旺盛、従順、忠実、自信満々、勇気がある、聡明。それほど吠えることがないので割と飼いやすいジャーマン・シェパード・ドッグです。

1880年代後半に、マックス・フォン・シュテファニッツという人物がドイツで優秀な軍用犬を作出することを計画し、各地の作業犬種の調査を行なった。この調査によって軍用犬としてより適していたオールド・ジャーマン・シェパード・ドッグ(当時は「ジャーマン・シェパード・ドッグ」の呼称)が選択され、種犬・台雌として使用された。これによって繁殖と改良を加えて1899年に完成された犬種がジャーマン・シェパード・ドッグである。ジャーマン・シェパード・ドッグの誕生後、それまでジャーマン・シェパード・ドッグと呼ばれていた犬種は、原種のといった旨を表すオールドという単語が冠せられオールド・ジャーマン・シェパード・ドッグと呼ばれるようになった。wikipedia



英語
German Shepherd Dog
別名
シェパード
原産国
ドイツ
分類
ハーディンググループ
平均寿命
10~12年
サイズ
大型犬
高さ
オス:60~65cm|メス:55~60cm
体重
オス:35~40kg|メス:25~32kg
ブラック&タン、ブラック
アーモンド形。茶色、こげ茶
ブラック
立ち耳
シザースバイト
垂れ尾
ダブルコートの短毛
性格
注意深い、警戒心が強い、好奇心旺盛、従順、忠実、自信満々、勇気がある、聡明
トリミング
どちらでも
抜け毛
季節により抜け毛がある
吠えること
普通


ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマン・シェパード・ドッグ(ドイツ語: Deutscher Schäferhund 英: German Shepherd Dog)は、ドイツ原産の犬種。「ドイツの牧羊犬」という意味である。日本国内ではシェパードと呼称されることも多い。 この犬種は知的で忠誠心と服従心に富み、訓練を好む性格から種々な作業犬として訓練され、災害救助犬・軍用犬・警察犬・麻薬探知犬など特殊訓練を必要とする作業犬として活用されている。また、ラブラドール・レトリバーやゴールデン・レトリバーと同様、介助犬または補助犬(盲導犬)としても使われている。飼育下における平均寿命は10-12年。 1880年代後半に、マックス・フォン・シュテファニッツという人物がドイツで優秀な軍用犬を作出することを計画し、各地の作業犬種の調査を行なった。この調査によって軍用犬としてより適していたオールド・ジャーマン・シェパード・ドッグ(当時は「ジャーマン・シェパード・ドッグ」の呼称)が選択され、種犬・台雌として使用された。

このページのQRコード

メールを送る