柴犬の画像

柴犬(英語:Shiba Inu、Shiba、Japanese Shiba Inu)


特徴・歴史

柴犬は別名、柴(シバ)と呼ばれています。日本が原産国で平均寿命12~15年ほどとなっています。
柴犬の体重は10kgで大型犬に分類されておりグループ分けではスポーティンググループに分類されています。 性格は愛嬌がある、警戒心が強い、誠実、自信満々、鋭敏、恐れ知らず。それほど吠えることがないので割と飼いやすい柴犬です。

「柴犬」という名前は中央高地で使われていたもので、一般的には、「柴」は「柴刈り」などの意味であり、小ぶりな雑木を指す。・柴藪を巧みに潜(くぐ)り抜けて猟を助けることから。・赤褐色の毛色が枯れ柴に似ている(柴赤)ことから。・小さなものを表す古語の「柴」から。の3つの説が代表的のようです。獲物を直接追う猟犬として使われてきた長い歴史から、視界を動くものを追って攻撃し、また捕らえようとする捕食本能が極めて強い。wikipedia



英語
Shiba Inu、Shiba、Japanese Shiba Inu
別名
柴(シバ)
原産国
日本
分類
スポーティンググループ
平均寿命
12~15年
サイズ
大型犬
高さ
オス:38~41cm|メス:35~38cm
体重
10kg
赤(茶)・胡麻・黒、希に白
小さめの黒色
黒色
立ち耳
シザースバイト
左巻き・右巻き・さし尾など巻き尾
真っ直ぐで硬いトップコートと柔らかく縮れたアンダーコートのダブルコート
性格
愛嬌がある、警戒心が強い、誠実、自信満々、鋭敏、恐れ知らず
トリミング
あまり必要ない
抜け毛
季節により抜け毛がある
吠えること
普通


柴犬

柴犬(しばいぬ)は、日本原産の日本犬の一種。オスは体高38 - 41cm、メスは35 - 38cmの犬種。日本の天然記念物に指定された7つの日本犬種(現存は6犬種)の1つで、指定は1936年(昭和11年)12月16日。日本における飼育頭数は最も多い。日本犬保存会によれば、現在日本で飼育されている日本犬種(6犬種)のうち、柴犬は約80%を占める。日本国外でも人気が高い。小型犬に分類される。 名前の由来 「柴犬」という名前は中央高地で使われていたもので、文献上では、昭和初期の日本犬保存会の会誌「日本犬」で用いられている。一般的には、「柴」は「柴刈り」などの意味であり、小ぶりな雑木を指す。 由来には諸説があり、 柴藪を巧みに潜(くぐ)り抜けて猟を助けることから 赤褐色の毛色が枯れ柴に似ている(柴赤)ことから 小さなものを表す古語の「柴」からの3つの説が代表的。 柴犬の系統 遺伝的には古くからの血を受け継ぐ現存古代犬種(en:Ancient dog breeds)の一つで、DNA分析からは、次のように順次分岐してきたとされている(左図参照)。

このページのQRコード

メールを送る