シーズーの画像

シーズー(英語:Shih Tzu)


特徴・歴史

シーズーは別名、西施犬、シー・ズー、獅子狗(シーツーコウ)、ライオンドッグ、クリサンサマムドッグと呼ばれています。中国が原産国で平均寿命10~16年ほどとなっています。
シーズーの体重は5~8kgで小型犬に分類されておりグループ分けではトイグループに分類されています。 性格は溌剌、外向的、遊び好き、警戒心が強い、穏やか、忠実、友好的、利口、勇気がある、元気、活動的、明朗、聡明、愛情深い、独立心が強い。あまり吠えないシーズーですのでご近所さんに迷惑がかかりません。ただし、番犬には不向きです。

チベット高原原産の犬など寒冷地の犬を先祖に持つ。かかりやすい病気は、呼吸器疾患やアレルギー性皮膚疾患。



英語
Shih Tzu
別名
西施犬、シー・ズー、獅子狗(シーツーコウ)、ライオンドッグ、クリサンサマムドッグ
原産国
中国
分類
トイグループ
平均寿命
10~16年
サイズ
小型犬
高さ
20~30cm
体重
5~8kg
茶色、黒色と白色
大きく丸い黒色
黒色。つぶれたような形
飾り毛のある垂れ耳
レベルバイト、アンダーショットバイト
飾り毛のある垂れ尾
羊毛のようなアンダーコート。長い毛のダブルコート
性格
溌剌、外向的、遊び好き、警戒心が強い、穏やか、忠実、友好的、利口、勇気がある、元気、活動的、明朗、聡明、愛情深い、独立心が強い
トリミング
必要です
抜け毛
多い
吠えること
あまり吠えない


シーズー

シーズー(シー・ズー, 獅子狗(ピンイン:Shīzi Gǒu, ウェード式:Shih-tzu Kou), 英語:Shih Tzu)は、ラサ・アプソとペキニーズを掛け合わせて作った小型犬。 中国では西施犬と呼ばれている。 「獅子狗」(シーツーコウ; 「獅子犬」)と呼ばれ、清朝末期の主に宮廷や貴人達の間で飼われていた犬。 外観・容姿の特色 もともとチベット高原原産の犬など寒冷地の犬を先祖に持つだけに下毛が密生している。四肢の毛はモコモコで防寒ブーツのようである。 毛色は日本では茶、或いは黒と白との2色の個体が多いが、どんな毛色も認められている。額部および尾部先端に白が入った個体が珍重される傾向にある。 体高は20 - 30cm、体重は5 - 8kg前後。 大きな瞳とあちこちに跳ねた鼻の周りの毛が特徴で、菊の花のように見えることから、「クリサンセマム・ドッグ」とも呼ばれる。 飼育上の特性 無駄吠えも少なく快活だが頑固な面があり、躾け次第では無駄吠えし扱い難い犬になる。

このページのQRコード

メールを送る