コーイケルホンディエの画像

コーイケルホンディエ(英語:Kooikerhondje)


特徴・歴史

コーイケルホンディエは別名、コイケルホンド、コイケルと呼ばれています。オランダが原産国で平均寿命12~14年ほどとなっています。
コーイケルホンディエの体重は9~18kgで中型犬に分類されておりグループ分けではスポーティンググループに分類されています。 性格は慈悲深い、警戒心が強い、機敏、活動的、聡明、縄張り意識が強い。よく吠えるのでペット可のマンションでは近隣の部屋まで鳴き声が響いて、迷惑をかけてしまいます。しっかりとした訓練と飼育が必要なコーイケルホンディエです。

16世紀からオランダでカモ猟に使われていた犬。銃が発明される以前のカモ猟では網が用いられていたが、網を打つ前に鳥をおびき寄せるのがこの犬の仕事だった。カモ猟では、ふさふさした尾を茂みの中から見え隠れするように動かし、仕掛けた網や、銃の射程距離内にカモをおびき寄せていた。wikipedia



英語
Kooikerhondje
別名
コイケルホンド、コイケル
原産国
オランダ
分類
スポーティンググループ
平均寿命
12~14年
サイズ
中型犬
高さ
36~41cm
体重
9~18kg
白にオレンジレッド
濃い茶色
黒色
豊富な飾り毛のある垂れ耳
シザースバイト
飾り毛のある垂れ尾
カーリーコート
性格
慈悲深い、警戒心が強い、機敏、活動的、聡明、縄張り意識が強い
トリミング
必要です
抜け毛
普通
吠えること
よく吠える


コーイケルホンディエ

コーイケルホンディエ(蘭: Kooikerhondje)は、オランダ産の小型犬の一種。俗にコイケルホンド、コイケル等と呼ばれる。 日本ではまだ知名度が低く、ブリーダー自体もまだまだ少ない。 JKCの登録頭数は、1999年に6頭で近年は132頭(2007年)、87頭(2008年)、115頭(2009年)、96頭(2010年)、85頭(2011年)、112頭(2012年)、80頭(2013年)と100頭前後で増えてきている。 近親繁殖にならないよう注意が必要である。 16世紀からオランダでカモ猟に使われていた犬。 銃が発明される以前のカモ猟では網が用いられていたが、網を打つ前に鳥をおびき寄せるのがこの犬の仕事だった。 カモ猟では、ふさふさした尾を茂みの中から見え隠れするように動かし、仕掛けた網や、銃の射程距離内にカモをおびき寄せていた。 第2次世界大戦が終了するまでには殆どが全滅してしまい、一時期は世界で5頭までに減少した。現在では愛好家の努力によって少しずつ増えてはいるが、依然として本国オランダ以外では非常に希少な犬種となっている。

このページのQRコード

メールを送る