ラブラドール・レトリバーの画像

ラブラドール・レトリバー(英語:Labrador Retriever)


特徴・歴史

ラブラドール・レトリバーは別名、ラブラドール・リトリーバーと呼ばれています。カナダが原産国で平均寿命12~13年ほどとなっています。
ラブラドール・レトリバーの体重はオス:29~36kg、メス:25~32kgで大型犬に分類されておりグループ分けではワーキンググループに分類されています。 性格は外向的、落ち着きがある、穏やか、機敏、優しい、聡明。あまり吠えないラブラドール・レトリバーですのでご近所さんに迷惑がかかりません。ただし、番犬には不向きです。

レトリーバー(獲物を回収する犬)と呼ばれる狩猟犬の一種であるが、現在はその多くが家庭犬として、あるいは盲導犬や警察犬などの使役犬として飼育されている。もともとは、カナダ東海岸のニューファンドランド諸島に暮らし、活発で泳ぐことを好み、地元の漁師に寄り添って働いた犬たちが原型とされています。無駄吠え、攻撃性、反抗性が共に低く、女性、子供でも充分に飼える家庭向きで丈夫な犬種である。理解力が高く、好奇心旺盛なので、しつけも楽しく理解します。友好的な犬種ですが、夜間などはしっかり番犬の役目も果たしてくれます。飼い主家族を守るための責任感に満ち溢れています。かかりやすい病気は、股関節形成不全(大腿骨の先が常に抜けそうになる慢性的な亜脱臼状態)、悪性腫瘍(肥満細胞腫等)



英語
Labrador Retriever
別名
ラブラドール・リトリーバー
原産国
カナダ
分類
ワーキンググループ
平均寿命
12~13年
サイズ
大型犬
高さ
オス:57~62cm|メス:55~60cm
体重
オス:29~36kg|メス:25~32kg
ブラック、イエロー、チョコレート
黒色
黒色
垂れ耳
-
オッターテール(かわうそのような尾)
短毛で、直毛
性格
外向的、落ち着きがある、穏やか、機敏、優しい、聡明
トリミング
あまり必要ない
抜け毛
普通
吠えること
あまり吠えない


ラブラドール・レトリバー

ラブラドール・レトリーバー(ラブラドール・レトリバー、あるいはラブラドール・リトリーバーとも。英: Labrador Retriever)は、大型犬に分類される犬種。元来、レトリーバー(獲物を回収 (Retrieve) する犬)と呼ばれる狩猟犬の一種であるが、現在はその多くが家庭犬として、あるいは盲導犬や警察犬などの使役犬として飼育されている。 ラブラドール・レトリーバーの特徴として、本来の使役用途である網にかかった魚の回収に適した、水かきのついた足があげられる。カナダ、イギリスで登録頭数第1位で、アメリカでも1991年以来登録頭数第1位の人気犬種である。また、洞察力、作業力に優れ、オーストラリア、カナダ、イギリス、アメリカなど世界各国で、身体障害者補助犬、警察犬など様々な用途に最適な犬種として使役されている。ラブラドール・レトリーバーは活発で泳ぐことを好み、幼児から高齢者までよき遊び相手であるとともに保護者の役割も果たす犬種である。 現在のラブラドール・レトリーバーの原産地にあたるのは、カナダのニューファンドランド島(現在は半島と同じニューファンドランド・ラブラドール州に属する)である。

このページのQRコード

メールを送る