ペキニーズの画像

ペキニーズ(英語:Pekingese)


特徴・歴史

ペキニーズは別名、京巴(ジンパー)、Pekeと呼ばれています。中国が原産国で平均寿命12~15年ほどとなっています。
ペキニーズの体重はオス:3.2~6.4kg、メス:3.2~6.4kgで小型犬に分類されておりグループ分けではトイグループに分類されています。 性格は温厚、頑固、攻撃的、聡明、愛情深い、独断的。それほど吠えることがないので割と飼いやすいペキニーズです。

皇帝の葬儀の際、柩を墓に導くのは寵愛を受けたペキニーズの仕事であり、1911年の西太后の葬儀では「モータン」と言う名のペキニーズが柩を先導したことが知られている。かかりやすい病気は椎間板ヘルニア、目が大きく出ているので、角膜を傷つけやすい。



英語
Pekingese
別名
京巴(ジンパー)、Peke
原産国
中国
分類
トイグループ
平均寿命
12~15年
サイズ
小型犬
高さ
オス:15~23cm|メス:15~23cm
体重
オス:3.2~6.4kg|メス:3.2~6.4kg
ホワイト、フォーン、ブラック
黒色の大きな目
黒色
飾り毛がある耳
-
飾り毛がある尾
分厚い下毛と、長くて硬めのまっすぐな上毛のダブルコート
性格
温厚、頑固、攻撃的、聡明、愛情深い、独断的
トリミング
必要
抜け毛
季節により抜け毛がある
吠えること
普通


ペキニーズ

ペキニーズ(英語: Pekingese)は中国原産の愛玩用犬種。日本語や西洋語では北京の犬という意味の英語に由来する名称が一般的だが、中国では「京巴」(ジンパー)等と呼ばれている。 祖先犬はチベタン・スパニエルとされ、中国の歴代王朝の宮廷で門外不出とされ、愛玩犬として飼育・改良されていた。しかし、実際には規定外の色や姿などの仔犬は、市場で売られ庶民の間でも飼われていた様である。因みに清朝後期にこのペキニーズとラサ・アプソの交配により出来たのが、所謂シーズーであると言われている。 皇帝の葬儀の際、柩を墓に導くのは寵愛を受けたペキニーズの仕事であり、1911年の西太后の葬儀では「モータン」と言う名のペキニーズが柩を先導したことが知られている。 阿片戦争の時、紫禁城内にてイギリス軍が5匹のペキニーズを発見し、イギリスに連れ帰った。この内の1匹は、ヴィクトリア女王に献上され、ルーティ(Looty)と名付けられて、1872年に死ぬまでの10年間をウィンザー城で過ごしている。

このページのQRコード

メールを送る