ボストン・テリアの画像

ボストン・テリア(英語:Boston terrier)


特徴・歴史

ボストン・テリアは別名、ボストン・ブルと呼ばれています。アメリカ合衆国が原産国で平均寿命13~15年ほどとなっています。
ボストン・テリアの体重は5~11kgで大型犬に分類されておりグループ分けではノンスポーティンググループに分類されています。 性格は溌剌、友好的、聡明。あまり吠えないボストン・テリアですのでご近所さんに迷惑がかかりません。ただし、番犬には不向きです。

ボストンテリアは、1880年頃に交配によってボストンで作出された犬種。ブル・アンド・テリアとフレンチ・ブルドッグの血を引いている。初めは現在よりはるかに大きく23kgも体重があり大型犬として誕生しましたが20~30年かけて小型化されました。



英語
Boston terrier
別名
ボストン・ブル
原産国
アメリカ合衆国
分類
ノンスポーティンググループ
平均寿命
13~15年
サイズ
大型犬
高さ
38~48cm
体重
5~11kg
毛色は黒と白である場合が多いが、赤や茶の毛も含まれることがある
黒色
黒色
立ち耳
シザースバイト
短い尻尾
短毛でスムースコート
性格
溌剌、友好的、聡明
トリミング
どちらでも
抜け毛
割と少ない
吠えること
あまり吠えない


ボストン・テリア

ボストン・テリア(英: Boston terrier)は、アメリカ合衆国原産の小型犬。 立った耳と短い尻尾、そして短い鼻を持った小型の犬である。 短毛で、毛色は黒と白である場合が多いが、赤や茶の毛も含まれることがある。胸、首の周り、前脚の下半分、後足の飛節から下、口吻と目と目の間が白いことが望ましいが、白毛の部分が目に接しているのはよくないとされる。 体高は38~48cm、体重は5~11kg前後である。 19世紀後半にボストンで作出された犬種で、ブル・アンド・テリアとブルドッグの血を引いている。 知能は高く、温厚な性格とその毛色から、「アメリカ犬界の紳士」「タキシードを着た紳士」「小さなアメリカ紳士」とも呼ばれている。 その他 米国マサチューセッツ州の州の犬である。 ボストン大学のマスコット(レット・ザ・ボストン・テリア)になっている。同大学のスポーツチームはテリアズと呼ばれる。 関連項目 犬の品種一覧 のらくろ 外部リンク ドッグ・ガイド - ボストン・テリア。

このページのQRコード

メールを送る