アフガン・ハウンドの画像

アフガン・ハウンド(英語:Afghan Hound)


特徴・歴史

アフガン・ハウンドは別名、A king of dogsと呼ばれています。アフガニスタン、イラン、パキスタンが原産国で平均寿命12~14年ほどとなっています。
アフガン・ハウンドの体重はオス:26~34kg、メス:26~34kgで大型犬に分類されておりグループ分けではハウンドグループに分類されています。 性格はよそよそしい、ひょうきん、明朗、威厳がある、独立心が強い。それほど吠えることがないので割と飼いやすいアフガン・ハウンドです。

口吻が長く細面で、腰が高く、全身を絹のような長く美しい被毛が覆う。貴族然とした物腰で外見が優美なため、愛好家が多い。視界の開けた場所でのシカや猛獣などの大型の獲物の狩猟に特化した犬種で、足裏が広くて肉厚なため、砂漠でもかなり自由に動ける。さまざまな犬種の中でもかなり起源が古く、最も古いタイプの狩猟犬の姿を現在に残す。広大な砂漠での少数での狩猟を得意とする犬種のため、独立心が非常に旺盛で、意に反した命令をされることを嫌う。そのため、「世界一頭の悪い犬」という不名誉な評価も持つ。 飼育には多くの運動と、しっかりとしたしつけがなければ、初心者には飼育の難しい犬種である。健康面では特に問題なく、10年以上生きることもある。稀に若年性白内障になる場合がある。wikipedia



英語
Afghan Hound
別名
A king of dogs
原産国
アフガニスタン、イラン、パキスタン
分類
ハウンドグループ
平均寿命
12~14年
サイズ
大型犬
高さ
オス:68~74cm|メス:60~69cm
体重
オス:26~34kg|メス:26~34kg
黒色、ゴールド、白色
黒色、アーモンド形
黒色
長く豊かな飾毛があり垂れている
レベルバイト、シザースバイト
長く、少し上にそっている
ダブルコート、長い
性格
よそよそしい、ひょうきん、明朗、威厳がある、独立心が強い
トリミング
必要です
抜け毛
普通
吠えること
普通


アフガン・ハウンド

アフガン・ハウンドは、アフガニスタン原産の長毛サイトハウンド(視覚型狩猟犬)。古代の原始的な狩猟犬の姿を残す犬種とされ、アフガニスタンで実用犬として用いられる一方で、華やかで優美な姿から20世紀にヨーロッパでショードッグとして改良され、人気を得た。 ペルシャのサルーキーが祖先であると推測される。北方の山岳地帯の寒冷な気候に適応し、長く分厚い被毛を得た。山地でウサギやガゼル、ヒョウ等を狩る他、遊牧民の家畜を外敵から守る番犬としても活躍した。アフガニスタンでは実用的な猟犬や護畜犬として今日も用いられているが、近年は、戦乱の影響によるアフガニスタンでの数の減少が危惧されている。土着のアフガン・ハウンドには、バーフルム(Bakhmul)等と呼ばれるタイプと、ハーラグ・タズィ(Khalag Tazy)と呼ばれるタイプの2つがある。 アフガン・ハウンドは、20世紀のヨーロッパで見栄えのする容姿が注目され、ショードッグとして本格的に改良が重ねられた。はじめに犬種のスタンダードの基準となったのは、1907年にイギリスに持ち込まれたザルディン号であったが、実際にその後の多くのアフガン・ハウンドの祖となったのは、1920年代にイギリスで紹介されたガズィーニ号である。

このページのQRコード

メールを送る