シベリアン・ハスキーの画像

シベリアン・ハスキー(英語:Siberian Husky)


特徴・歴史

シベリアン・ハスキーは別名、アークティック・ハスキー、ハスキーと呼ばれています。シベリアが原産国で平均寿命12~14年ほどとなっています。
シベリアン・ハスキーの体重はオス:20~27kg、メス:16~22kgで大型犬に分類されておりグループ分けではワーキンググループに分類されています。 性格は外向的、警戒心が強い、穏やか、友好的、聡明。あまり吠えないシベリアン・ハスキーですのでご近所さんに迷惑がかかりません。ただし、番犬には不向きです。

好奇心が非常に強く、特に成長期〜青年期はいたずら好きで力の強い犬種であるため勢いあまって什器などを壊すこともままあるが、積極的な威嚇・攻撃をされない限り人に本気で噛み付くなどの反撃に出ることは稀である。運動不足によるストレス蓄積は他犬種のそれに比べて非常に大きいため、精神衛生上極めて好ましくなく、無駄吼えや情緒不安定はもちろん、しばしば異常脱毛・消化器管障害・神経障害・悪性新生物(ガン)発生の原因となるなどストレス性の諸疾病を誘発することがあるため充分な注意が必要である。wikipedia


スポンサーリンク
英語
Siberian Husky
別名
アークティック・ハスキー、ハスキー
原産国
シベリア
分類
ワーキンググループ
平均寿命
12~14年
サイズ
大型犬
高さ
オス:53~60cm|メス:51~56cm
体重
オス:20~27kg|メス:16~22kg
黒、白
青色、茶色
黒色
立ち耳
シザースバイト
垂れ尾
ダブルコート。
性格
外向的、警戒心が強い、穏やか、友好的、聡明
トリミング
あまり必要ない
抜け毛
季節により抜け毛がある
吠えること
あまり吠えない

スポンサーリンク

シベリアン・ハスキー

シベリアン・ハスキーは、犬種の一つ。 犬種の歴史・概要 シベリアからカナダ北極圏にかけてのツンドラ地帯を原産地とする、社会性に富んだ性格の大型犬種。進化系統上の祖先はスピッツのそれと同系とされている。 極東北極圏を中心にトナカイ遊牧や狩猟を行う「チュクチ族」(「チェコート族」ともいう・俗に「エスキモー」と総称される中の1民族)に、古くから犬ぞりなどの牽引による人荷の運搬・狩猟補助などを行う用務犬として重用されてきた。 シベリア地帯やアラスカ半島を訪れた探険家や毛皮交易を行う北米商人らがチュクチ族を含めてエスキモーのことを「ハスキー」と呼称していたことから、その用務犬として用いられていた当犬種もハスキーと呼ばれるようになった。 アムンセン探検隊などの極地探検犬にも活用されたほか、北極圏地域で盛んになったドッグレースや犬ぞりレースで優秀な成績を挙げる犬種としても知られる。 またアラスカのノーム市でジフテリアが大流行した際に、ハスキー犬チームが氷点下50度にもなる酷寒の中544 kmもの距離をリレーしながら血清輸送して多くの人命を救い、その名誉犬バルト像がニューヨーク市のセントラル・パークに建立されるなどして、大いに認知されるに至った。

このページのQRコード

メールを送る