ミニチュア・シュナウザーの画像

ミニチュア・シュナウザー(英語:Miniature Schnauzer)


特徴・歴史

ミニチュア・シュナウザーはドイツが原産国で平均寿命12~15年ほどとなっています。
ミニチュア・シュナウザーの体重は6~13kgで小型犬に分類されておりグループ分けではテリアグループに分類されています。 性格は活発、警戒心が強い、従順、友好的、恐れ知らず、聡明。それほど吠えることがないので割と飼いやすいミニチュア・シュナウザーです。

テリア・グループの犬で、その名に「テリア」が入っていないのは、ミニチュア・シュナウザーだけ。スタンダード・シュナウザー、アーフェンピンシャー、プードルなどを配合して小型化した。農場のネズミをつかまえることを目的に作られました。テリア・グループ中では最も人気が高く、「最良の家庭犬」ともいわれる。


スポンサーリンク
英語
Miniature Schnauzer
別名
-
原産国
ドイツ
分類
テリアグループ
平均寿命
12~15年
サイズ
小型犬
高さ
30~35cm
体重
6~13kg
黒色、ソルトアンドペッパー、ブラックアンドシルバー
卵形で濃い茶色
黒色
垂れ耳
シザースバイト
立ち尾
ダブルコート。アウターコートは硬くワイアーヘアーに近く、アンダーコートはソフト
性格
活発、警戒心が強い、従順、友好的、恐れ知らず、聡明
トリミング
必要です
抜け毛
割と少ない
吠えること
普通

スポンサーリンク

ミニチュア・シュナウザー

ミニチュア・シュナウザー (Miniature Schnauzer) は、犬の品種(犬種)の一つ。 日本やアメリカではテリア・グループに含められるが、テリアの血統はまったく入っていない。他のテリア種はイギリス原産であるのに対し、ミニチュア・シュナウザーはドイツを原産国とする。ただし、毛質が剛毛でトリミングが必要なことや、小型獣の狩猟を得意とすることなど、テリアに近い性質をもつ。日本に入っているテリア・グループの犬で、その名に「テリア」が入っていないのは、ミニチュア・シュナウザーだけである。 生まれたばかりのころは尾は長いが、すぐに短く切り落とされる。耳も元々は垂れ下がっているものが多いが、一部を切り垂直に立った耳にする場合もある。 古くからドイツにいたスタンダード・シュナウザーの小ぶりな個体を基礎に、スタンダード・シュナウザー、アーフェンピンシャー、プードルなどを配合して小型化した。農場のネズミをつかまえることを目的に作られ、19世紀末、フランクフルト・アム・マインで固定化されたが、犬種として安定せず、その完成は、アメリカに渡ってからであると言われる。

このページのQRコード

メールを送る