グレート・ピレニーズの画像

グレート・ピレニーズ(英語:Great Pyrenees )


特徴・歴史

グレート・ピレニーズは別名、ピレニアン・マウンテン・ドッグ(Pyrenean Mountain Dog)、ル・シャン・ドゥ・モンターニュ・デ・ピレネー(Le chien de montagne des Pyrenees)、ル・シャン・デ・ピレネー(Le chien des Pyrenees)と呼ばれています。フランスが原産国で平均寿命10~12年ほどとなっています。
グレート・ピレニーズの体重はオス:49.9~54.4kg、メス:36.3~40.8kgで大型犬に分類されておりグループ分けではワーキンググループに分類されています。 性格は意志が強い、穏やか、自信満々、恐れ知らず、忍耐強い、愛情深い。よく吠えるのでペット可のマンションでは近隣の部屋まで鳴き声が響いて、迷惑をかけてしまいます。しっかりとした訓練と飼育が必要なグレート・ピレニーズです。

非常に古い種類であり、1万~1万1000年前に小アジアに由来した白い大きな犬が紀元前3000年頃に彼らの羊飼いと羊と共に南フランスと北スペインの ピレネー山脈に到着したといわれています。山岳地帯の斜面で羊飼いの同僚として、家畜の群れの護衛として働いてきた巨大で美しい、白を基調としたグレート・ピレニーズ。ピレネー山脈の傾斜地や起伏の激しい土地で、どのような天候であろうと、家畜の群れや羊飼いの家族をクマやオオカミなどから守るという護衛犬です。自分のテリトリーを守ろうとする縄張り意識がたいへん強く、見知らぬ人や気配に敏感です。また、グレート・ピレニーズは大きな体を支えるために、強い足腰を必要としますので、しっかりと運動させてあげる必要があります。


スポンサーリンク
英語
Great Pyrenees
別名
ピレニアン・マウンテン・ドッグ(Pyrenean Mountain Dog)、ル・シャン・ドゥ・モンターニュ・デ・ピレネー(Le chien de montagne des Pyrenees)、ル・シャン・デ・ピレネー(Le chien des Pyrenees)
原産国
フランス
分類
ワーキンググループ
平均寿命
10~12年
サイズ
大型犬
高さ
オス:70~82cm|メス:65~74cm
体重
オス:49.9~54.4kg|メス:36.3~40.8kg
白色
アーモンド形で色はこげ茶
黒色
垂れ耳
シザースバイト
先端で少しカーブしています
ミディアムロングで分厚いダブルコート
性格
意志が強い、穏やか、自信満々、恐れ知らず、忍耐強い、愛情深い
トリミング
必要です
抜け毛
季節により抜け毛がある
吠えること
よく吠える

スポンサーリンク

グレート・ピレニーズ

グレート・ピレニーズ(Great Pyrenees)とは、大型犬の一種である。 アメリカと日本ではこの名で呼ばれ、イギリスなどヨーロッパではピレニアン・マウンテン・ドッグ(Pyrenean Mountain Dog) 、出生地のフランスではル・シアン・ドゥ・モンターニュ・デ・ピレネー(Le chien de montagne des Pyrénées)またはル・シアン・デ・ピレネー(Le chien des Pyrénées)と呼ばれる。 犬種の起源と歴史 紀元前7000年から8000年に現在のイランやイラク地域当たりで、ヤギや羊が家畜化されたと想像されている。グレート・ピレニーズは家畜を保護するために、数千年前にチベット高原に棲息した大きな犬、チベタン・マスティフの子孫だと言われている。紀元前1800年から1000年の間に、この大きな犬は西方へ移動する遊牧民やアジア人の侵略に伴われて、紀元前6世紀頃にヨーロッパに到着したと推測されている。

このページのQRコード

メールを送る