ポメラニアンの画像

ポメラニアン(英語:Pomeranian)


特徴・歴史

ポメラニアンは別名、ポメ、ポン、ポンポンと呼ばれています。ドイツが原産国で平均寿命12~16年ほどとなっています。
ポメラニアンの体重はオス:1.9~4.1kg、メス:1.9~4.1kgで小型犬に分類されておりグループ分けではトイグループに分類されています。 性格は遊び好き、友好的、外向的、活動的、聡明、社交的。よく吠えるのでペット可のマンションでは近隣の部屋まで鳴き声が響いて、迷惑をかけてしまいます。しっかりとした訓練と飼育が必要なポメラニアンです。

ポメラニアンの祖先は極地原産の大きな使役犬で、中世ドイツ語で「尖った(鼻)先」を意味するスピッツあるいはウルフスピッツと呼ばれていた。「スピッツ」はもともと16世紀のエベルヘルト・ツー・ザインの宮廷で犬の鼻やマズルを意味する用語として用いられていた言葉だった。ポメラニアンはこれらのジャーマン・スピッツが祖先であると考えられている。ポメラニアンという名称は、バルト海に面したポーランド北西部からドイツ北東部にあたるポメラニア地方にこの犬種が関係していると思われることにちなんでいる。この地方はポメラニアンの直接の原産地ではないが、現在のポメラニアンのもととなる犬種を繁殖し続けていたと考えられている。しかしながらイギリスに導入される以前のポメラニアンについての正確な記録は残っていない。ポメラニアンが流行犬種となったきっかけは、17世紀以降多くの王族が飼育を始めたことによる。とくに愛犬家として知られるヴィクトリア女王が小さな体躯のポメラニアンを愛好し、熱心に繁殖させたことによってポメラニアンの小型化に拍車がかかり、世界的な人気犬種となっていった。wikipedia


スポンサーリンク
英語
Pomeranian
別名
ポメ、ポン、ポンポン
原産国
ドイツ
分類
トイグループ
平均寿命
12~16年
サイズ
小型犬
高さ
オス:13~28cm|メス:13~28cm
体重
オス:1.9~4.1kg|メス:1.9~4.1kg
黒、ホワイト、グレイシェーデッド、ブラウン、タン、オレンジ
黒色
黒色
立ち耳
シザースバイト
粗く豊富な被毛と長い飾り毛のついた巻尾
ダブルコート。トップコートは長く粗い直毛、アンダーコートは短く密生した柔らかい被毛
性格
遊び好き、友好的、外向的、活動的、聡明、社交的
トリミング
必要です
抜け毛
季節により抜け毛がある
吠えること
よく吠える

スポンサーリンク

ポメラニアン

ポメラニアンは、犬の品種(犬種)の一つ。祖先犬は、スピッツ系に属する他の犬種と同じく、サモエド(ロシアのシベリアを原産としたトナカイの番やカモシカ狩り、そり引きをする犬)であると言われる。ポメラニアンという名前は、原産地のバルト海南岸の、3つの川に囲まれた低地であるポメラニア地方にちなんでいる。現在のポメラニア地方は、大部分がポーランドに、一部がドイツに属しており、この地方では古来よりさまざまなタイプのスピッツ系の犬種が飼育されていた。ポメラニアンは体躯の小ささから愛玩犬 (en:toy dog) に分類される犬種だが、もともとはジャーマン・スピッツのような中型のスピッツから品種改良を重ねて小型化された犬種である。国際畜犬連盟からもジャーマン・スピッツの一品種に分類されており、多くの国でツヴェルク・スピッツ(小さなスピッツ)として知られている。 ポメラニアンが流行犬種となったきっかけは、17世紀以降多くの王族が飼育を始めたことによる。とくに愛犬家として知られるヴィクトリア女王が小さな体躯のポメラニアンを愛好し、熱心に繁殖させたことによってポメラニアンの小型化に拍車がかかり、世界的な人気犬種となっていった(一説には1888年、女王自らがこの犬をイタリアから持ち帰ったともいうが、一般にはもう少し以前からイギリスで飼われていたと考えられる)。

このページのQRコード

メールを送る