ボルゾイの画像

ボルゾイ(英語:Borzoi)


特徴・歴史

ボルゾイは別名、旧名)ロシアン・ウルフハウンド、ボルザーヤと呼ばれています。ロシアが原産国で平均寿命7~10年ほどとなっています。
ボルゾイの体重はオス:34~46kg、メス:27~39kgで大型犬に分類されておりグループ分けではハウンドグループに分類されています。 性格は身体能力が高い、穏やか、静か、恭しい、聡明、独立心が強い。あまり吠えないボルゾイですのでご近所さんに迷惑がかかりません。ただし、番犬には不向きです。

ボルゾイとはロシア語で「俊敏」を意味する。その名の通り走るのがたいへん速く、走行速度は50km/hである。オオカミ狩りの猟犬としてロシア帝国の貴族に飼われていた。そのため、ロシア革命後に貴族の象徴として民衆に多数の個体が虐殺された。しかし革命前に海外の王侯貴族に進呈されたボルゾイをブリーディングし、再び純血種として復活した。wikipedia。罹りやすい病気は胃捻転(胃拡張)。


スポンサーリンク
英語
Borzoi
別名
旧名)ロシアン・ウルフハウンド、ボルザーヤ
原産国
ロシア
分類
ハウンドグループ
平均寿命
7~10年
サイズ
大型犬
高さ
オス:70cm|メス:70cm
体重
オス:34~46kg|メス:27~39kg
茶色、白色、白色と茶色の混色
黒色、茶色
黒色
垂れ耳
シザースバイト
飾り毛のある尾
ウェーブコートでシルキーコート
性格
身体能力が高い、穏やか、静か、恭しい、聡明、独立心が強い
トリミング
あまり必要ない
抜け毛
季節により抜け毛がある
吠えること
あまり吠えない

スポンサーリンク

ボルゾイ

ボルゾイ(英語:Borzoi、ロシア語:борзая バルザーヤ、борзой バルゾーイ)は、ロシア原産の非常に大型のサイトハウンド。以前はロシアン・ウルフハウンドと呼ばれていたが、1936年にボルゾイに改名された。 ボルゾイとはロシア語で「俊敏」を意味する。その名の通り走るのがたいへん速く、走行速度は50km/hである。オオカミ狩りの猟犬としてロシア帝国の貴族に飼われていた。そのため、ロシア革命後に貴族の象徴として民衆に多数の個体が虐殺された。しかし革命前に海外の王侯貴族に進呈されたボルゾイをブリーディングし、再び純血種として復活した。 1992年に、アメリカのマジェンカ・ケンネルから純白のベルサリウス(オス。1987年5月2日 - 1999年10月10日)が来日し、日本のボルゾイ・ファンを増やすきっかけになったと言われる。JKCの2010年の登録頭数は460頭で、全犬種中33位に位置する。日本ではマジェンカのラインを受け継ぐベルサリウス・ケンネルのボルゾイが有名である。 この犬種は本来、優れた視覚で獲物を捉えて追いかけるという猟に使われるが、それには主人から遠く離れて犬自身の判断で行動する必要がある。

このページのQRコード

メールを送る